【デザイナー職向け】学生ポートフォリオ(作品集)の作り方や役に立つネタをお届けします

就活のための学生ポートフォリオの作り方

Q&A

【Q&A】ポートフォリオはいつから作り始めればいいですか?

更新日:

ポートフォリオ いつから

ポートフォリオが必要になる時期から逆算しよう

「ポートフォリオっていつから作ればいいんだろう…」そんな考えがよぎっている時点で、今すぐ作り始めたほうがいいのは間違いないのですが(^o^)、心配性のあなたに1つの目安をお伝えできればと思います。

まず考えるのは、そのポートフォリオはいつ必要か?ということ。ここを読んでいるのはおそらく就職活動を控えた学生だと思いますので、それだと就職活動が始まって企業に応募する時=ポートフォリオが必要な時ですね。

そのポートフォリオが必要な時期から、ポートフォリオを制作する期間を引いた時期、ここが作り始める時です。

制作の目安はおよそ6ヶ月

ではポートフォリオを制作する期間はどのくらい確保するか?

これまでの経験や書籍の例を参考にすると、全体で約6ヶ月とるのが1つの目安です。ベースの作成期間を2ヶ月とし、作り直し(ブラッシュアップ)を2回する、と仮定しています。

もし手の込んだ装丁やパッケージ、webポートフォリオ等を含めると、それ以上の期間が必要になります。逆に作り直しの回数を減らして、短い期間で作成するのも可能です。

早ければ早いほどいい

そうは言ってもポートフォリオを作り始める時期に決まりはありません。自分でスケジュールを立ててみて、必要な時期になったら始めればよいと思います。

ただ1つ言えることは、とにかく始めるのは早ければ早いほどいいということです。

早く作り始めるとそれだけ作り直しにかける時間・回数が増えます。作り直しにかける時間が増えれば増えるほど、経験をより多く積むことになりますので、その分ポートフォリオの質は高まっていくはずです。

-Q&A

Copyright© 就活のための学生ポートフォリオの作り方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.