【デザイナー職向け】学生ポートフォリオ(作品集)の作り方や役に立つネタをお届けします

就活のための学生ポートフォリオの作り方

作り方

ポートフォリオ制作の流れ。準備から制作、修正までのワークフローを知ろう

更新日:

ポートフォリオ ワークフロー

ポートフォリオの基礎知識」で、ポートフォリオについて理解したところで、実際にポートフォリオを作っていきましょう。

ここではポートフォリオ制作の詳細な制作手順を、5つの項目に分けて説明していきます。

下記に簡単な図解をしていますのでご覧ください。

スポンサーリンク

ポートフォリオ制作のワークフロー例

workflow

完成までの流れを確認して、目指すゴールを具体的に意識してみましょう。

完成イメージが描けていると、迷いが少なく作業に着手できるようになります。

ここではざっと全体の流れと各項目を見ていきます。

準備編

コンセプトを決める

まずポートフォリオを作る目的を理解し、自己分析と業界や企業の情報収集をした上で、ポートフォリオのコンセプトを決めていきます。

ポートフォリオ コンセプト
ポートフォリオのコンセプトを考えるためのヒント

ニーズと実力から導くコンセプト ポートフォリオ作成において、「コンセプト」を決めることは重要です。 ...

続きを見る

ここで作成スケジュールも立てましょう。

ポートフォリオ スケジュール
ポートフォリオ制作スケジュールの作り方。修正を含めたスケジュールを組もう

ポートフォリオの制作は思った以上に時間がかかります。とにかくすぐに制作を始めることが大事です。しかし ...

続きを見る

作品を選ぶ

過去に制作した作品の中から、コンセプトに合うものを選んでいきましょう。

制作した作品をリスト化し、キャプションに必要な情報をまとめたり、アピールできるポイントを探ったりします。

ポートフォリオ リスト化
ポートフォリオの構成を考える前に、制作作品の「リスト化」がおすすめ

作品把握と自己分析のきっかけに ポートフォリオの構成を考える際には、過去に制作した全ての作品に目を通 ...

続きを見る

構成編

装丁を決める

掲載する作品が決まったら、ポートフォリオの装丁を決めていきます。就職用ポートフォリオとして一般的な選択肢をご紹介します。

ポートフォリオ 装丁
紙ポートフォリオの装丁を決めよう。製本する?ファイルでもいい?

ポートフォリオ向きの装丁を考える ポートフォリオに掲載する作品が決まったら、ポートフォリオの装丁(そ ...

続きを見る

構成を決める

ポートフォリオのページ構成を考えます。構成案の作成には「台割」をビジュアル化して進めるとイメージしやすいです。

制作編

作品をデジタル化する

デッサンやスケッチ、立体作品などのアナログの作品を、スキャニングしたり写真撮影したりしてデジタル化します。

アナログ作品をデジタル化する方法
アナログ作品をデジタル化する方法

アナログ作品(手描きのイラストやラフスケッチ、デッサン、立体造形など)をポートフォリオに掲載するため ...

続きを見る

画像素材やキャプションを作る

ポートフォリオを装飾する画像素材や、キャプション(個々の作品の説明)を作ります。

レイアウトする

作品や画像素材、キャプションをレイアウトしていきます。レイアウトする上で役に立つ情報をご紹介します。

製本する

完成したデータを紙出力し、ファイリングや製本をしていきます。

修正編

自己チェック

全体のバランスを見ながら、チェック項目を確認していきましょう。どんな点を確認すべきかを掲載します。

他人チェック

ポートフォリオを客観的な視点で見るためにも、他人のチェックは必須です。

専門的な立場の人はもちろん、そうでない人からも意見を聞いて、ポートフォリオをブラッシュアップしていきましょう。

完成!

以上、ポートフォリオ制作のワークフローについてご紹介しました。

-作り方

Copyright© 就活のための学生ポートフォリオの作り方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.